事務所紹介

イメージ画像

今月のご挨拶

 

月並みですがもう10月、今年も後三ヵ月、年齢と一年の早さは比例するようですが、本当に月日の流れが早く感じられる今日この頃です。

最近よく聞かれます。「コロナで景気はどうですか?」個人的な意見としては、飲食関係が厳しいですが、皆さんとても頑張っています。あの手この手で生き残ろうとしている姿には頭が下がりますし、逆に、接待交際費や出張がなくなり、経費が浮いたとの指摘もあります。見ている限りでは、影響のある業種とない業種がハッキリとありますね。国でも補助金や助成金を出していますが、影響具合によってもっと大きな差をつけるべきと思います。

コロナワクチンの方ですが事務所の職員さんも接種済になってきています。ただ2回目の接種で熱の出る人がいて、特に女性の若い方が多いようです。今後も接種したからと安心しないで、マスク、手洗等の予防はしっかりすべきでしょうね。

事務所内では今年、外での懇親会を一度も開催していません。今年は入所した人が二人いて、一人は2月、一人は今月10月からで、やる気のある優秀な人を採用できました。大事に育てたいと思いますし、是非今年中に歓迎会をしたいですね。

事業再構築補助金、申請のお手伝いをしています。9月提出期限の第3期の結果は11月になるようですが、楽しみと採用されない場合の苦しみがあります。職員さんも一所懸命取り組んでくれましたので、その過程を評価したいと思います。

89月にそれぞれ一泊二日中小企業大学校仙台校で人事制度構築の考え方・進め方の研修を受けてきました。講師は荻須清司社労士の先生です。人事制度は社員が定着・成長し、業績を向上させる仕組みを創ることとなっていて、まさにそう思います。これからの私の残された課題は、この人事制度と事務所の体制創りです。それを創ってリタイヤし、その後は、家内と客船で世界旅行をしたいと考えています。とにもかくにも健康でなくてはならないので、体調管理には気を付けたいです。

季節の変わり目、皆様もご自愛ください。

                                                                                                                                            代表社員 澤田石晶



 9月は商工会議所青年部の全国大会実行委員会に事務局次長として参加いたしました。
秋田商工会議所は令和4年度に全国大会を実施することになっておりまして、コロナ禍が収束していれば、4000人から5000人を秋田に迎い入れる大会になります。私は執行部ではありませんが、執行部の張りつめた空気に圧倒されてしまいました。私が生きている間で全国大会を地元で開催することはもうございませんし、何らかの役に立てればと考えております。

 また、9月は久しぶりに恩師にお会いできる機会がございました10年前と変わらない姿をみるにつれ、非常に懐かしい時間を過ごすことができました。ご教示いただいたことは視野が狭い人間になっているということと、人間形成が非常に大切だということです。まだまだ修行が必要だと感じました。もう少しで繁忙期ですので、その前に少し息を抜いて、本を読み、ゆっくりとした時間を過ごそうと 思います。    

                                                                         社員税理士 村井達弥


代表経歴

東北税理士会秋田北支部指導研修部長
TKC東北会リスマネ委員長
秋田県中小企業家同友会監事
秋田北倫理法人会 会長
TKC秋田県支部 支部長 

TKC東北会 リスクマネジメント制度推進委員長
秋田港ロ-タリ-クラブ会長 

所属団体・資格・論文・著書など

東北税理士会秋田北支部
TKC東北会秋田支部
秋田北倫理法人会
秋田県中小企業家同友会
秋田港ロータリークラブ

事務所外観や所内など

当事務所の外観です。

イメージ画像

毎朝の朝礼風景です。
全員大きな声で「職場の教養」と「万人幸福の栞」を輪読します。

イメージ画像

     

 毎週金曜の朝礼後、近くの街区公園の清掃をしております。

コロナウイルス対策でマスクをしてのゴミ拾い。

公園を利用する人も多いせいか、結構ゴミが多かったです。

やはり一人一人がゴミを散らばさないよう気を付けていきたいですね!